ホーム > 商品紹介 > 文化庁国語課の勘違いしやすい日本語

商品詳細

文化庁国語課の勘違いしやすい日本語

定価 1000円+税

ISBN 978-4-344-97848-5 C0095

出版日 2015年12月15日

著者 文化庁国語課

判型 B6判並製 240ページ


Amazonで購入

楽天ブックスで購入

7ネットで購入

文化庁国語課の勘違いしやすい日本語

「流れに棹さす」「憮然」「他山の石」「姑息」「敷居が高い」・・・etc
これらの本来の意味を理解していますか?もしかしたら、相手は異なる意味で理解しているかもしれません。
文化庁が調査した「国語に対する世論調査」でわかった、36の言葉の意味のとらえ方を用例とともに紹介。
うっかり間違った意味で使うと、相手を怒らせてしまうことも?
用例や類語、語源などとともに、言葉の正しい意味を知しることができる一冊。

【著者:文化庁国語課】
文化庁で「国語の改善及びその普及」を担当している部署。
「国語に関する世論調査」などの事業を実施するとともに、「常用漢字表」「現代仮名遣い」「敬語の指針」など、国語に関する具体的な目安やよりどころの普及に努める。