ホーム > 商品紹介 > かしこい脳になる 0歳からの聴き流しクラシック

商品詳細

かしこい脳になる 0歳からの聴き流しクラシック

価格 1300円+税

ISBN 978-4-344-97944-4 C8073

出版日 2017年12月20日

監修 瀧 靖之

内容 CD1枚(全15曲/73分)、解説書(全24ページ)


Amazonで購入

楽天ブックスで購入

7ネットショッピングで購入

かしこい脳になる0歳からの聴き流しクラシック

1日10分、クラシックを聴き流すだけでいい!
0歳からはじめる「かしこい脳」に育てるためのクラシックCDブック。

本書はクラシックの名曲15曲と解説書が入ったCDブックです。

かしこい脳になる0歳からの聴き流しクラシック

CDはベートーヴェン、バッハ、モーツァルトなど、クラシック音楽では重要な作曲家を網羅。
数ある名曲の中でもお子さまに聴かせたい、心地よいメロディの曲を厳選して収録しました。

収録曲一覧
①カノン(パッヘルベル)
②「四季」より《春》第1楽章(ヴィヴァルディ)
③G線上のアリア(J.S.バッハ)
④アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク第1楽章(モーツァルト)
⑤エリーゼのために(ベートーヴェン)
⑥アヴェ・マリア(シューベルト)
⑦舟歌(ショパン)
⑧「子供の情景」より《トロイメライ》(シューマン)
⑨愛の夢 第3番(リスト)
⑩ワルツ 第15番(ブラームス)
⑪「くるみ割り人形」より《花のワルツ》(チャイコフスキー)
⑫交響曲第9番「新世界より」第2楽章(ドヴォルザーク)
⑬アラベスク 第1番(ドビュッシー)
⑭愛の挨拶(エルガー)
⑮パガニーニの主題による狂詩曲(抜粋)(ラフマニノフ)

解説書では、16万人の脳画像を解析した脳医学者の瀧 靖之(東北大学 教授)による、
「かしこい脳」に育てるために役立つアドバイスを掲載。
音楽で成長する脳のメカニズムや、子どもの脳の発達過程などを丁寧に解説しています。

さらに、作曲家 松尾祐孝(洗足学園音楽大学 教授)による、西洋音楽史と収録曲目の解説付きなので、クラシック音楽の世界をより深く知ることができます。

作曲家のプロフィール、収録曲の紹介などを分かりやすく紹介しています。

かしこい脳になる0歳からの聴き流しクラシック

【監修:瀧 靖之(たき・やすゆき)】1970年生まれ。東北大学加齢医学研究所・教授。医師。医学博士。
東北大学大学院医学系研究科博士課程修了。東北大学加齢医学研究所機能画像医学研究分野教授。東北大学東北メディカル・メガバンク機構教授。
東北大学スマート・エイジング学際重点研究センター副センター長。
脳の発達、加齢のメカニズムを明らかにする世界最先端の脳画像研究を行い、読影や解析をした脳MRIはこれまでに16万人にのぼっている。