虹色のチョーク

社員の7割が知的障がい者である“日本でいちばん大切にしたい会社”を、小松成美が描いた感動のノンフィクション。

虹色のチョーク

社員の7割が知的障がい者である“日本でいちばん大切にしたい会社”を、小松成美が描いた感動のノンフィクション。

著者 小松 成美
ジャンル 書籍
書籍 > 一般書
出版年月日 2017/05/20
ISBN 9784344979048
判型・ページ数 4-6・224ページ
定価 本体1,300円+税

社員の7割が知的障がい者である“日本でいちばん大切にしたい会社”を、小松成美が描いた感動のノンフィクション。
人は働くこと、人の役に立つことで幸せになれる——。

神奈川県川崎市にあるチョーク製造会社・日本理化学工業株式会社は、昭和12年に小さな町工場からスタートした。昭和36年に二人の少女を雇い入れたことをきっかけに、障がい者雇用に力を注ぎ、「日本でいちばん大切にしたい会社」として全国から注目を集め続けている。
現在も社員83名のうち、62名が知的障がい者。一人一人の能力に合った仕事を作ることで、彼らが製造ラインの主戦力となり、社員のほとんどは定年まで勤め上げる。同時に、彼らの作るダストレスチョークは業界シェア1位を誇る。
今でこそ福祉と経営の両面で注目を浴びるが、ここに辿り着くまでには数々の苦悩と葛藤があった——。
本書は、日本理化学工業の会長や社長、働く社員、さらには、普段語られることの少ない障がい者のご家族へのインタビューを通して、「働く幸せ」を伝える一冊。

目次

  • 序章
  • 第1章 日本でいちばん大切にしたい会社と呼ばれて
  • 第2章 障がい者を持つ家族の思い
  • 第3章 働く幸せの実現に向けて —会社が乗り越えてきた苦難
  • 第4章 チョーク屋に生まれて —経営者としての天命
  • 第5章 障がい者とその家族が生きる道
  • 終章

【日本理化学工業株式会社】チョーク製造会社。1937年設立。1960年、現会長の大山泰弘が養護学校から二人の知的障がい者を受け入れたことをきっかけに、障がい者雇用に取り組み始める。1975年には、川崎市に日本初の知的障害者多数雇用モデル工場を建設。現在、83名の社員のうち62名の知的障がい者を雇い、障害者雇用率は7割を超える。

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

お知らせ

一覧